龍の歯医者 Wiki
Advertisement


龍の歯医者(りゅうのはいしゃ)は、スタジオカラーとドワンゴの共同短編映像シリーズ企画「日本アニメ(ーター)見本市」で2014年に公開された短編オリジナルアニメーションで、2017年に長編テレビアニメ化された。スタジオカラーが制作するはじめてのテレビアニメーション作品。

プロダクション[]

2015年、NHKから「日本アニメ(ーター)見本市」のいづれかの企画をてれびでやらないか、とオファーを受けプロデューサーの緒方智幸がNHKとの相談の元、本作を選んだ。

長編化するにあたり、原作者の舞城王太郎からは短編を第1話として後日譚・第2話を作りたいというプランがあったが、監督の鶴巻和哉は短編はネット上だけの公開だったことから、短編はプロットとして長編でも内容も生かしながら完成版を作った。[1]

ストーリー[]

 彼の国には龍が棲んでいる── 神話によれば、古の人々との契約により、龍は人を助け、人は龍を助けるという……舞台は “龍の国”。主人公は、国の守護神 “”を虫歯菌から守る新米・歯医者の野ノ子。隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵を見つける。少年の名はベル。大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、巨大な歯の中から生き返ったものだった。自らが置かれた状況に戸惑うベル。そして彼を励まし、彼を龍の歯医者として受け入れる野ノ子。激しい戦いに巻き込まれながら、ふたりはやがて自らの運命を受け入れて行くことに……かつてない壮大なスケールで描かれる冒険ファンタジー! [2]

キャスト[]

短編[]

長編[]

スタッフ[]

短編[]

  • 原案・脚本・監督 - 舞城王太郎
  • アニメーション監督 - 鶴巻和哉
  • キャラクターデザイン - 小坂泰之
  • アニメーションキャラクターデザイン・作画監督 - 亀田祥倫

長編[]

  • 監督 - 鶴巻和哉
  • 原作・脚本 - 舞城王太郎
  • 脚本 - 榎戸洋司
  • キャラクターデザイン - 井関修一
  • 制作統括・音響監督 - 庵野秀明
  • アニメーション制作 - カラー

トリビア[]

脚注[]

  1. 龍の歯医者公式ビジュアルガイド
  2. 公式HP
Advertisement