龍の歯医者 Wiki
Advertisement


天狗虫編は、NHKで放送されたスタジオカラー制作のテレビアニメ『龍の歯医者』の前編・

ストーリー[]

龍と契約を交わした「龍の国」は、龍の力を借りて隣国セルペナーダとの戦争をしていた。野ノ子は、人知を超えた力で国を守護する“”を虫歯菌から守る、新米の“龍の歯医者”。ある日、野ノ子は龍の歯の上で、敵国の少年・ベルを救い出す。戦乱のなかで命を落としたベルだったが、“黄泉帰り(よみがえり)”という現象で生き返ったのだった。自らの置かれた状況に戸惑うベル。“黄泉帰り”と凶兆に災いが起こるのではないかと他の歯医者たちは恐れたが、思いがけずベルが“後輩”となったことで、野ノ子は意気込む。ベルのことを知った国軍の小澤は引き渡しを求めるが、リーダーの悟堂はそれを拒否して見習い歯科医として野ノ子に預けた。

ベル皆にも馴染み始めたある日、龍の歯から人を食う天狗虫が現れる。なんとか天狗虫を仕留めるることに成功するが、仲間の修三が犠牲となってしまう。悟堂たちが龍の歯科医のしきたりとして修三の死を祝っていると、ベルは煮え切らない思いを抱き、野ノ子は「長生きすることが幸せなのか」と問いかける。 その夜悟堂は天狗虫が現れたのは柴名の仕業だと気づき、本人を問い詰める。柴名は、かつて仲間たちを食い殺した天狗虫の幼虫を隠していたことを暴露し、龍の歯医者の運命に逆らおうと虫歯菌に姿を変え龍を襲う。野ノ子と悟堂が必死に立ち向かうが柴名の攻撃は止まらず龍の歯が抜けていく。歯の上に野ノ子を助けようとベルも乗り移り、そのまま地上へ落下していった。

キャスト[]


スタッフ[]

  • 監督 - 鶴巻和哉
  • 原作・脚本 - 舞城王太郎
  • 脚本 - 榎戸洋司
  • キャラクターデザイン - 井関修一
  • 制作統括・音響監督 - 庵野秀明
  • アニメーション制作 - カラー

音楽[]

主題歌[]

「ぼくらが旅に出る理由」
作詞・作曲: 小沢健二
編曲: ナカムラヒロシ(i-dep)
歌:  RINKU(Mistera Feo)
コーラス: MASUMI(Mistera Feo)

挿入歌[]

「かくれんぼ」
作詞・歌: DAOKO
作曲・編曲: ナカムラヒロシ(i-dep)

トリビア[]

Advertisement